クレジットカードをつくりたい┃ランキングが信頼できる

貯金箱

銀行とノンバンク

通帳とお金

不動産担保ローンは銀行やノンバンクなどで提供されている金融商品です。銀行とノンバンクでは、不動産担保ローンにもちがいがあります。まず、ノンバンクの場合、申し込みから借入までの期間が非常に短いという特徴があります。また、独自の審査基準が設けられており、比較的審査が甘めであると言われています。不動産の評価額が高めに設定されることがあり、借りる事が出来る金額も高くなる可能性があるとされています。対して銀行の場合は審査に時間が掛かることがあります。銀行にもよりますが、申し込みから借入まで1ヶ月以上を要することもあります。ただし、消費者金融に比べると銀行のほうが金利が低く設定されている事が多いようです。

不動産担保ローンは、事業資金として利用することも出来ます。新たに開業するという場合、新しい事業を始めたいという場合には、多額のお金が必要となることがあります。しかし、無担保ローンではそれほど大きなお金を借りることは出来ません。その点、不動産担保ローンであれば、不動産の評価額にもよりますが、多額の融資を受けることが出来ますので、事業資金として利用することも出来ます。また、それだけではなく取引先からの入金があるまでのつなぎ資金として利用することが出来ます。融資を受けるという場合には、返済することが出来なかった場合のリスクや繰り上げ返済時の違約金の発生の有無について確認するようにしましょう。多額の融資を受けることが出来るからといって、必要以上に借りないようにしましょう。